【パソコン修理】パソコンが立ち上がらない:ハードディスク交換作業

ハードディスク交換

今回は石川県野々市市粟田のE様からお預かりの東芝dunabook PX/52F 2008年モデルです。「windowsが起動しない、スタートアップ修復をやってみるも失敗する」とのことでご連絡を受けたノートパソコンです。OSはwindows vistaなので本来は新しくノートパソコンを購入したほうがいいのですが、修理料金がいくらかかるかで判断したいとの要望の為原因を探ってみたいと思います。

原因はハードディスクの不良

この手の症状で多いパターンはハードディスクの不良です。

一旦お客様のバックアップを取ってから、中古ハードディスクを使用して乗せ換えを行ってみます。

一発で復帰しました。やはり原因はハードディスクの不良ですね。今回は料金を抑えたいとのことですので中古ハードディスクを使用して修理納品いたしました。内部にはたくさんの写真などが入っているようで、そのままの状態でパソコンが戻ってきたことで大変ご満足いただけたようです。

HDD→SSDの交換をお勧めします!

予算が許すならハードディスクからSSDに交換をお勧めしています。なんといっても起動時とシャットダウン時の体感速度が速くなり全く違うPCに感じられるほどです。

唯一デメリットだった価格と容量の問題は昔の話ですね。最近は非常に手に入り安い価格帯がラインナップされ、大容量化も進んでいます。はっきり言って「SSDにしない選択はあるのでしょうか?」と言いたくなるほど快適です。

詳しくは以前書いた記事「【実践!】SSD交換してどのくらい速くなるか試してみた」を参照してください。

ハードディスク交換

ABOUTこの記事をかいた人

私は甘いものが大好きな出張多めの3児のパパです。出産後のダイエットに励む嫁と元気いっぱいの長男坊と双子の保育園児の計5人の野々市市暮らし。たくさん美味しいものを食べておデブなこの体を維持する34歳は、いつでも自分らしくある事が我が人生のミッションです。